日系企業130社以上入居 タイ有数の不動産会社による賃貸工場・倉庫

三菱重工、タイでカーボンニュートラル達成支援

【タイ】三菱重工業は24日、タイ発電公社(EGAT)と、クリーン燃料発電、クリーン水素、二酸化炭素(CO2)回収・有効利用・貯留(CCUS)技術に関する調査と情報交換を行うMOU(覚書)に調印したと発表した。

 温暖化ガスの排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」を2050年までに達成するタイの目標を支援するため、今後3年間にわたり、特定分野に関する経験、情報などを交換するほか、クリーン発電の推進に関する経験と技術ノウハウを共有するための相互人材派遣を行う。

 三菱重工がタイで提供した発電設備の合計容量は、建設中の発電所を含めると計25ギガワットを超え、タイの発電容量の50%を大きく上回る。EGATとの協業を通じ、2030年までにタイのCO2排出量を予測値から40%削減する。


《newsclip》

SHARE THIS ENTRY

関連リンク

特集

ニュースアクセスランキング

ページ上部へ戻る