日系企業130社以上入居 タイ有数の不動産会社による賃貸工場・倉庫

【PR】バムルンラード病院が消化管運動機能センターを開設

バムルンラード病院が消化管運動機能センターを開設バムルンラード病院が消化管運動機能センターを開設
写真 3 枚 拡大する

バムルンラード病院が消化管運動機能センターを開設

 バムルンラード・インターナショナル病院は、チュラーロンコーン大学医学部神経消化器病・消化管運動機能科との共同プロジェクトで、あらゆる種類の消化器疾患に対して正確な診断と適切な治療を提供する消化管運動機能センターを開設しました。

 バムルンラード病院は、チュラーロンコーン大学医学部神経消化器病・消化管運動機能科との共同プロジェクトで、あらゆる種類の消化器疾患に対して正確な診断と適切な治療を提供する消化管運動機能センターの開設にあたり、当院CEOのArtirat Charukitpipat、当院医院長Assoc.Prof.Dr. Taveesin Tanprayoon、バムルンラード病院消化器科センター部長 Yudhtana Sattawatthamrong助教授、及びチュラーロンコーン大学医学部神経消化器病・消化管運動機能科センター長兼バムルンラード病院消化管運動機能センター同センター長 Sutep Gonlachanvit教授により、ウォルドーフ・アストリア・バンコクにて記者会見を開催しました。

 胃腸は体の中で最も重要な部分の一つであり、生活の質を左右するため、気をつけなければなりません。バムルンラードの患者さんについていてば、外国人患者の50~60%、タイ人患者の10%が胃酸逆流の症状を経験しており、いずれも年々増加傾向にあることがわかりました。さらに、胃酸逆流、嚥下障害、過敏性腸症候群、消化管運動障害による胃痛や嘔吐、大腸や括約筋の障害による便秘、未解決の便失禁などの消化器疾患のケースも増えています。そのため、バムルンラード病院消化管運動機能センターは、チュラーロンコーン大学医学部神経消化器病・消化管運動機能科と提携し、強力なセンターを設立しました。 バムルンラードの目的の一つは、優れた医療を育成することであり、このパートナーシップはバムルンラード消化器病センターの能力を高め、結果として患者さんに最高の治療と満足のいく結果をもたらすことになると信じています。

 詳しくは、バムルンラード病院B棟2階バムルンラード病院消化管運動機能センター、または電話063-1903152、1378までお問い合わせください。

《newsclip》

特集

ニュースアクセスランキング

ページ上部へ戻る