日系企業130社以上入居 タイ有数の不動産会社による賃貸工場・倉庫

多額赤字のクールジャパン機構、ベトナムとカンボジアのレストランチェーンに1000万ドル出資

【ベトナム、カンボジア】官民ファンドのクールジャパン機構は14日、ベトナムとカンボジアで日本食材も活用したジャパニーズイタリアンレストランチェーン「Pizza 4P‘s」を経営する4P’s Holdings(シンガポール)に約1000万ドル出資すると発表した。

 4P’sは益子陽介氏と高杉早苗氏が2011年に設立した。ベトナムとカンボジアで和とイタリアンを融合させたレストランを現在28店舗運営する。チーズ工房と2つのセントラルキッチンを持ち、自社製造の冷凍食品やチーズを5つ星レストランやホテル、高級スーパー、E コマースを通じて販売するリテール商品事業も手がける。

 クールジャパン機構(海外需要開拓支援機構)は「日本の魅力ある商品・サービスの海外需要開拓に関連する支援・促進」を目指し、2013年、法律に基づき官民ファンドとして設立された。「日本の魅力」を事業化し、海外需要の獲得につなげるため、「メディア・コンテンツ」「食・サービス」「ファッション・ライフスタイル」「インバウンド」をはじめとする様々な分野でリスクマネーを供給する。ずさんな投資、目的があいまいな投資が目立ち、3月末時点で309億円の累積赤字を抱える。


《newsclip》

SHARE THIS ENTRY

関連リンク

特集

ニュースアクセスランキング

ページ上部へ戻る