日系企業130社以上入居 タイ有数の不動産会社による賃貸工場・倉庫

タイ、7~9月GDP前期比1.2%増

【タイ】タイ国家経済社会開発評議会(NESDC)が21日に発表した7~9月期のタイの実質国内総生産(GDP)は前年同期比4.5%増で、1~3月期の同2.3%増、4~6月期の同2.5%増から加速した。前期比では1.2%増だった。

 民間消費が前年同期比9%増と39四半期ぶりの高い伸びを示した。民間投資も同11%増と急伸した。

 NESDCは7~9月期の数値を受け、2022年通年のタイのGDP見通しを8月時点の2.7~3.2%増から3.2%増に修正した。消費者物価指数(CPI)上昇率は6.3%を予想する。

 タイのGDPは2019年2.2%増、2020年6.2%減、2021年1.5%増だった。


《newsclip》

SHARE THIS ENTRY

関連リンク

特集

ニュースアクセスランキング

ページ上部へ戻る