日系企業130社以上入居 タイ有数の不動産会社による賃貸工場・倉庫

ジャカルタ中心部に地上58階オフィスビル 森ビルが開発

2022年10月撮影2022年10月撮影
画像提供、森ビル
写真 2 枚 拡大する

【インドネシア】森ビル(東京都港区)は21日、ジャカルタ中心部のビジネス街スディルマン通りのスマンギ交差点近くに建設した、地上58階、地下4階、高さ約266メートルの高層オフィスビル「JAKARTA MORI TOWER」が竣工したと発表した。

 延床面積約19万平方メートル、オフィスの総貸室面積約8万8700平方メートル。意匠デザインは六本木ヒルズ森タワーや上海環球金融中心を手がけたニューヨークの設計事務所コーン・ペダーセン・フォックス・アソシエイツ(KPF)が、施工は清水建設が担当した。

 森ビルが東南アジアで不動産開発を行うのは今回が初めて。 


《newsclip》

関連リンク

特集

ニュースアクセスランキング

ページ上部へ戻る