日系企業130社以上入居 タイ有数の不動産会社による賃貸工場・倉庫

6月から「娯楽施設」営業再開 バンコクなど31都県

【タイ】タイ政府は新型コロナウイルス感染症対策で禁止しているカラオケラウンジ、パブ、バーといった娯楽施設の営業再開を6月1日から全77都県中、バンコク都、南部プーケット県、東部チョンブリ県、北部チェンマイ県など31都県で認める。

 営業時間は深夜0時まで。従業員、顧客、関係者らには新型コロナワクチンの接種完了(ブースター接種を含む)を義務付ける。

 カラオケラウンジ、パブ、バーなどは「飲食店」としてすでに営業を再開しているところも多い。


《newsclip》

SHARE THIS ENTRY

関連リンク

特集

グルメアクセスランキング

ページ上部へ戻る