日系企業130社以上入居 タイ有数の不動産会社による賃貸工場・倉庫

シンガポール中心部の超高層ビル竣工 三菱地所が参画

【シンガポール】三菱地所は9日、シンガポールの不動産大手キャピタランドグループと共同でシンガポール中心部の地下鉄ラッフルズプレース駅近くに開発した超高層大規模複合施設「キャピタスプリング」が竣工したと発表した。

 総事業費1450億円超。地上51階(高さ280メートル)、地下1階、延床面積9万3400平方メートルで、オフィス(貸付面積6万1400平方メートル)、サービスアパート(299戸)、商業施設からなる。オフィスにはJPモルガン・チェース、三井住友銀行が入居する予定。


《newsclip》

関連リンク

特集

住まい・不動産アクセスランキング

ページ上部へ戻る