日系企業130社以上入居 タイ有数の不動産会社による賃貸工場・倉庫

タイのオリジンと東急不動産、バンコク・サナームパオ駅直結のオフィスビル開発

  
画像提供、東急不動産
写真 1 枚 拡大する

【タイ】東急不動産はタイの不動産デベロッパー、オリジン・プロパティーがバンコクの都市鉄道ライトグリーンライン(BTSスクムビット線)・サナームパオ駅前で開発するオフィスビルプロジェクトに参画する。

 敷地面積約5800平方メートル、延床面積5万6000平方メートルで、サナームパオ駅に歩行者デッキで直結する。1、2階部分には店舗スペースを設ける。2023年12月竣工の予定。

 オリジンと東急不動産はバンコク都内のライトグリーンライン・パヤタイ駅近くでホテルを中心とした複合施設を開発中で、サナームパオのプロジェクトが共同事業の2件目となる。


《newsclip》

関連リンク

特集

住まい・不動産アクセスランキング

ページ上部へ戻る